リスク管理専門員の概要

資格内容
当法人のリスク管理専門員認定制度は、具体的且つ、現場サイドのリスク管理を重点に置き認定している。しかし、試験や審査は往々にして理論や一般論に傾きやすく、その対策として認定資格取得後に日本リスク管理専門員協会が中心になり、リスク管理の具体的対応策を教育訓練している。
  当制度のリスク管理専門員は、部門が8種類に分けられ、それぞれの専門部門で具体的且つ、現場サイドのリスク管理技能に重点を置き審査し認定する。当資格は、重ねて公益社団法人全日本能率連盟(全能連)のマネジメント技能認証資格でもある。
  リスクマネジメントに関する民間協会資格は詐欺的資格商法が多いことも見逃してはならない。立派なパンフレットを作成し、電話セールスにより優遇処置の締め切りが近いと煽り申し込みを勧め、受講手数料を40万円を超える資格商法の某協会は、今も継続して営業している。
 このような悪質資格商法の氾濫する中で当制度は、学術団体が認定し、公益実務団体が認証する他に類を見ない制度として、一般社団法人全国消費者協会の後援も受けている。

受験資格
受験資格は次の通りであるが、3種試験を受験することにより最終的には受験資格の制限はない。
1、1種は、修士又は博士の学位を有する者、又は同等の業績のある者並びに2種の認定を受けて3年を経過し且つ、更新必要単位数を取得している者
2、2種は、学士の学位を有する者、又は同等の業績のある者並びに3種の認定を受けて4年を経過し且つ、3種の更新に必要単位数を取得している者
3、3種は、受験資格を問わない。

スケジュール
イ、認定試験スケジュール
4月上旬 認定試験日時、会場の公表
11月認定試験実施
12月試験結果の発表
翌1月から登録申請の受付
ロ、認定資格審査(実務経験等による審査) 随時受け付けている。

 受験等要綱 
イ、BM学会指定の書式のリスク管理専門員認定試験申込書に氏名、生年月日、住所、電話番号、所属、認定試験種別を記載し申し込みを行う。
参照:「マネジメント技能認定試験申込手続案内」「認定試験受験者の注意事項」
ロ、申込先は、当法人宛て、検定協会事務局に対して提出する。

取得費用及びその後の費用
認定審査事務費(受験料等)として1種20,000円、2種20,000円、3種16,000円 認定後、日本リスク管理専門員協会の入会金10,000円 年会費として17,000円